手動式(ハンドル)

FlexiSpot(フレキシスポット)の手動式スタンディングデスクH2

FlexiSpot(フレキシスポット)の手動式スタンディングデスク

出典:fleximounts

\こんな方におすすめ/
  • 電源不要のデスクが欲しい!
  • 電動式は高くて手が出せない!
  • 超シンプルに上下昇降機能だけあればいい!
  • 高さを変更するとき多少の時間と労力がかかってもOK!
  • 低価格でコスパが良いデスクが欲しい!

FlexiSpotからは電動式と手動式の2タイプのスタンディングデスクが発売されています。

  • 電動式
  • 手動式(クランクハンドル)

当サイトで人気のFlexiSpotの高コスパスタンディングデスク!ここでは、上下昇降の際に多少手間がかかっても、電源不要で安く購入できる手動式(クランクハンドル)について詳しくご紹介します。

H2 の詳細はこちら  >>

他社のデスクと比較

FlexiSpotデスクの実際の昇降時の様子をご確認下さい。

FlexiSpotの性能は

  • 耐荷重:80kg(他社製品と比較し最も耐荷重があり安定しています)
  • 価格:23,100円~
    ※価格は変動します
  • 色:ホワイト、ブラック、マホガニー、メイプル、天然竹

実際に各社のデスクを触ってみましたが、強いて言えば、ニトリはお値段なり…昇降時の天板の揺れと、ハンドルがプラスチックのためグラグラ感があります。 

脚のカラー、天板サイズ

脚のカラーはブラックとホワイト

天板奥行60~80cm、幅120~200cmが設置可能。脚の幅は110~180cmまで伸縮可能

出典:https://flexispot.jp/

天板のサイズ

  • 1200×600×25mm
  • 1400×700×25mm

ハンドルの収納具合

ハンドルの出具合を天板奥行600mmを載せた時の状態

奥行600mmの天板を使用した時は、昇降時に回転させるクランクハンドルは10cm程度出ている状態です。奥行700mmの天板を設置した時は出寸法は5cmになります。

昇降高さ

机上面の高さは750~1260mm(天板厚さ含んだ実測)の範囲で調節可能です。

ハンドルを1回転させると約4mm上げ下げできます。

回転させる時のハンドルのグラつきはありません。また、ハンドルの回転操作は力が弱い方でも問題なくできます。ただ、最下から最高高さまで一気に昇降させると疲れます(笑)その点はやっぱり電動式が楽ですね。

組み立てはご自身で行います-Let’s DIY !-

DIYでデスクの組立に意気込む女子

この商品はご自身で組み立てていただく必要があります。

  • 組立てに必要な道具は軍手とプラスドライバーのみ
  • 大人二人での組立て推奨
2時間程で一人でも組み立てられました!ただ、昇降デスクは安定感を保つために重さがありますから(約30kg)移動させる時に力が必要です。ケガをしないように気を付けて行って下さいね。

まとめ

FlexiSpotのポイントをおさらいします!

ポイントをおさらい
  • お手頃価格の上下昇降デスク
  • 他社製品と比較して最も耐荷重大で安定感あり
  • 手動式なので電源不要
  • 組立ては自分でDIY
じっくり吟味して自分に合ったデスクを選んで下さい☆

H2 の詳細はこちら  >>

【比較】昇降デスクを簡単DIY!高さ調節できる自作机に必須の柱脚まとめ
【比較】昇降デスクを簡単DIY!高さ調節できる自作机に必須の柱脚まとめ立っても座っても使える机をDIY(自作)で簡単に作る方法は、昇降式のデスク柱脚を自分好みの天板と組み合わせることです!昇降式の脚のみを販売しているメーカーから電動式&手動式まとめてご紹介します!...
あなたもスタンディングデスクを始めてみませんか?
電動式

\こんな方におすすめ/

  • 集中力を上げたい方
  • デスクワークでずっと座り作業の方
  • 普段運動する習慣がない方
  • 頭の働きを良くしたい方
  • 子供の学習机を検討されている方
  • 体力の衰えを感じている方
  • 座りすぎが原因で腰痛の方
  • 眠気で作業(勉強)がはかどらない方…etc